• 若年性ミオクロニーの治療年数とテグレトール

    2017年4月13日

    てんかんは、大きく分けて全般発作と部分発作があり、全般発作は部分発作と異なり発作時から脳全体が興奮状態になる病態です。全般発作は、小児に多く発症する傾向が非常に強く、成人の場合は部分発作の割合が高い特徴があります。全般発作には、全身が硬直して意識を失い強直及び痙攣する間代が見られる強直間代発作や数秒...

    記事の続きを読む