• テグレトールとBECCTと外傷性について

    2017年6月26日

    最近の日本人にとっては自分のことを自分で傷つけてしまう人がどんどんと増えてきており、特に大きいのが外傷性を高めて傷つけてしまう人が問題になっています。小さな傷であれば数日もすればしっかりと治っていくのですが、傷つけることを大きくしていくことによって、より深い傷となり、なかなか治らないようになってきま...

    記事の続きを読む

  • テグレトールと肌荒れが治ると評判のプラセンタ

    2017年5月25日

    高級化粧品にも配合されているプラセンタは、様々な効果が期待できます。 プラセンタは、胎盤から抽出したエキスで、栄養が非常に豊富です。 ヨーロッパでは、古くから薬として使われており、日本でも民間薬として愛用されていました。 プラセンタには、栄養成分がバランスよく含まれています。 細胞の原料になるアミノ...

    記事の続きを読む

  • 若年性ミオクロニーの治療年数とテグレトール

    2017年4月13日

    てんかんは、大きく分けて全般発作と部分発作があり、全般発作は部分発作と異なり発作時から脳全体が興奮状態になる病態です。全般発作は、小児に多く発症する傾向が非常に強く、成人の場合は部分発作の割合が高い特徴があります。全般発作には、全身が硬直して意識を失い強直及び痙攣する間代が見られる強直間代発作や数秒...

    記事の続きを読む

  • 良い作用を持ち合わせているテグレトールで検査

    2017年3月12日

    医療機関で検査を受けた際に薬物治療の必要性があるという診断を受けた時にはテグレトールが処方されることがあります。 テグレトールは最高血中濃度到達時間が4時間から24時間とされており、半減期は36時間とされている気分安定薬です。 継続して服用していると作用時間が短くなるという特徴があります。 初期は1...

    記事の続きを読む

  • 発達障害になり得るテグレトールは点滴で対処

    2017年1月29日

    テグレトールは抗躁の効果が強いのは事実ですが、効果が感じられるまで少し遅いと言われることがあります。 他社が製造し販売している気分安定薬に比べると早いのですが即効性に関しては抗精神病薬よりも劣ってしまうのです。 つまり、躁状態がとても強く見受けられる患者には向いていません。 次に、テグレトールは抗う...

    記事の続きを読む

  • パソコンで取り消し可能な代行業者でテグレトール

    2016年12月30日

    テグレトールは1966年に発売が開始された抗てんかん薬です。 実は、今日においても作用機序が明瞭になっていないのですが、脳の働きを抑制させる作用が認められており、あらゆる病気に用いられています。 脳に異常が生じることで見受けられるてんかんや、顔に刺激が起こる三叉神経痛といった身体に見受けられる病気に...

    記事の続きを読む

  • 否定的な意見とは反対に治せる確率が高いテグレトール

    2016年11月18日

    テグレトールはてんかん薬として名を馳せていますが、三叉神経痛にも効果が認められているので患者に対して処方されることが多いです。 そもそも、三叉神経痛というのはあまり耳にしない病気なので、正しく理解していないという方や知らないという方も多いです。 具体的には、脳の内部に存在している脳幹から顔に向かって...

    記事の続きを読む

  • テグレトール服用中でも車の運転をするべきではない

    2016年10月17日

    テグレトールはてんかんに対して有効な薬であり、脳の異常興奮が起きないようにその原因となるナトリウムイオンが神経細胞内に入らないようにナトリウムイオンの神経細胞内への通り道となるナトリウムイオンチャネルの働きを阻害する効果があります。 テグレトールはてんかんの中でも部分発作と呼ばれる脳の一部が異常興...

    記事の続きを読む

  • テグレトールを服用する際は長い目で見るべきか

    2016年10月5日

    てんかん治療、特に部分発作に対して効果が高いとされているテグレトール。非常に歴史のある薬で、長期間にわたって多くの患者の役に立っています。テグレトールはてんかんによる発作を抑制してくれるほか、脳神経の興奮を抑える作用もありますので、躁うつ病の治療にも使われており、気分安定薬としても利用されています。...

    記事の続きを読む