若年性ミオクロニーの治療年数とテグレトール

てんかんは、大きく分けて全般発作と部分発作があり、全般発作は部分発作と異なり発作時から脳全体が興奮状態になる病態です。全般発作は、小児に多く発症する傾向が非常に強く、成人の場合は部分発作の割合が高い特徴があります。全般発作には、全身が硬直して意識を失い強直及び痙攣する間代が見られる強直間代発作や数秒から数十秒間意識が途切れる欠神発作、小児のみに起こる発作でスパズムと呼ばれる点頭発作、全身の力が抜ける脱力発作、ミオクロニー発作などがあります。若年性ミオクロニー発作は、8歳~20歳までの限られた年数のみで発症し、特発性てんかんの20%~25%を占めているとされています。症状としては、目覚めてから30分~1時間程度の時間帯に発作が起き易く、筋肉が突然ビクンと収縮する発作がほとんどですが、強直間代発作や欠神発作を合併する場合もあります。治療は、年齢や症状、遺伝性、脳波などにより診断し、治療年数はてんかんの種類や症状により異なりますが、抗てんかん薬を一定期間毎日飲む方法で行われます。しかし、若年性ミオクロニー発作は、服用を中止すると再発する可能性が高いと言われています。若年性ミオクロニーの治療には、バルプロ酸やクロナゼパム、エトサクシミドなどを主成分とする抗てんかん薬が処方されますが、カルバマゼピンを主成分とするテグレトールなどは症状を悪化するとして避けられています。テグレトールは、脳を興奮状態にするグルタミン神経のNa+チャネルレセプターを遮断する効果があり、バルビツール酸系の抗てんかん薬フェノバルビタールと類似した作用機序を示し、現在では部分てんかんの治療における第一選択薬として、幼児から成人まで幅広く処方されています。

ページの先頭へ戻る