テグレトールを服用する際は長い目で見るべきか

てんかん治療、特に部分発作に対して効果が高いとされているテグレトール。非常に歴史のある薬で、長期間にわたって多くの患者の役に立っています。テグレトールはてんかんによる発作を抑制してくれるほか、脳神経の興奮を抑える作用もありますので、躁うつ病の治療にも使われており、気分安定薬としても利用されています。
高い効果を期待できるテグレトールですが、服用すればすぐに効き目がでるというものではありません。基本的には少量の服用から始め、効果や副作用の状態を見極めながら徐々に薬の量を増やしていきます。そうしてそれぞれの状況に最適な薬の量が確認されたら、あとは血中のテグレトールの濃度が一定になるように薬を飲み続けるのです。したがって効果を実感できるまでに1か月程度かかることもあり、テグレトールの効果については長い目で見る必要があります。
そもそもてんかんの発作を抑制するための治療は、長期間にわたって行うのが普通です。薬の服用も医師の指示通りにきちんと行い続けなければいけません。テグレトールを飲み始めた場合も、必ず医師に言われた通りの用法や用量を守ることを心がけましょう。餅途中で服用をやめてしまった場合は、ひどいけいれんなど重篤な症状が出てしまう恐れもあります。安易な自己判断で服用を中止したり、薬を飲むタイミングを変えたりするのは禁物です。もし飲み忘れてしまった場合は気づいた時点で1回分の量を服用します。間違っても2回分をまとめて服用してはいけません。
なお最近は個人輸入代行サイトを通じてテグレトールも簡単に購入することができます。ただしこちらについては使用は自己責任になりますので、十分に注意したうえで利用するようにしましょう。

ページの先頭へ戻る