テグレトールとBECCTと外傷性について

最近の日本人にとっては自分のことを自分で傷つけてしまう人がどんどんと増えてきており、特に大きいのが外傷性を高めて傷つけてしまう人が問題になっています。小さな傷であれば数日もすればしっかりと治っていくのですが、傷つけることを大きくしていくことによって、より深い傷となり、なかなか治らないようになってきますので、しっかりとケアしておく必要があります。自分を傷つけてしまう原因としては日常のストレスなどで、精神的に追い込まれた人が自分自身に対して自暴自棄になり傷つけてしまうことが多くなってきます。現在の日本においてはそのような精神的に負担を抱えている人が急増してきており、非常に大きな問題となっています。特に人間関係で悩んでいる人も多くなってきており、より多くの人が自分自身に対して好きになれなかったり、どんどんと傷ついてしまったりします。そのような中でてんかんなどのBECCTになってしまう人が多くなってきており、夜間に眠ることができなかったり、通常の生活をしている中でも急に発作が起こってしまうなど、様々な要因が原因で病気になってしまう人が増えています。このような人たちはどんどんと仕事などには復帰することが難しくなり、精神的な負担を抱えながら毎日を過ごしていくことになります。そのような中で、現在では自分自身をしっかりと持つようにすることが難しくなっていることもあり、精神科医などの専門のスタッフに対してカウンセリングを受ける人も増えてきました。そのような患者さんがまず実施してもらえるのが、医師によるカウンセリングで、きっちりと話を聞いてもらうことで気持ちが楽になり、さらに精神を安定させるためにテグレトールなどのお薬を処方してもらい精神的な負担を軽減していくことになります。

ページの先頭へ戻る