テグレトールと肌荒れが治ると評判のプラセンタ

高級化粧品にも配合されているプラセンタは、様々な効果が期待できます。
プラセンタは、胎盤から抽出したエキスで、栄養が非常に豊富です。
ヨーロッパでは、古くから薬として使われており、日本でも民間薬として愛用されていました。
プラセンタには、栄養成分がバランスよく含まれています。
細胞の原料になるアミノ酸が、単体で構成されているので、吸収率がとても高いです。
プラセンタに含まれている成長因子は、細胞の増殖を促進し、新陳代謝を活発にします。
そのため、プラセンタは若返りに効果的だと言われるのです。
肌荒れが治ると評判なのも、細胞を修復する作用があるからです。
プラセンタには、メラニン色素の生成を抑制する働きもあるので、シミの予防にも役立ちます。
炎症を抑える作用により、ニキビやニキビ跡の改善にも使われています。
女性は、30歳を過ぎた頃からコラーゲンが減少し、シワやたるみで悩む人が増えます。
プラセンタには、コラーゲンを活性化させる働きがあるため、シワやたるみの改善にも効果を発揮します。
病気や老化の原因にもなる活性酸素を取り除くので、老化対策に使うこともできます。
プラセンタには、血流を促進させる作用があるので、育毛効果も期待できます。
また、血行不良によってできるクマの解消にも役立ちます。
テグレトールは、てんかんの発作を予防する薬で、躁うつ病の治療にも使われます。
てんかんでは、特に部分発作に効果を発揮します。
テグレトールは、三叉神経痛の緩和のために使われることもあります。
三叉神経は、顔の知覚を伝達する神経です。
三叉神経痛は、持続時間は短いものの、激しい痛みがあります。
テグレトールは、飲み合わせによって薬の作用が強まることがあるので、使用中の薬がある場合は、必ず医師に報告することが大事です。

ページの先頭へ戻る